UA-167111886-1
ネットワークビジネス

ネットワークビジネスの勧誘で、友達をなくさないで成功させる方法とは? 

人脈もなく口コミが苦手で友達を誘いたくない人へ(タップ)

ネットワークビジネスに友達を誘うとき思うように伝わらず、成約が上手くいかなくて悩んだことはありませんか?

それどころかそのことがきっかけで疎遠になったり、嫌われたりした事などは、ネットワークビジネスをしている人は誰でも一度は経験している事でしょう。

今回は、私自身がネットワークビジネスを何社も経験してわかった事を基に、ネットワークビジネスの勧誘のやり方と、友達をなくさない方法をお伝えしたいと思います。

ネットワークビジネスのイメージって?

人脈もなく口コミが苦手で友達を誘いたくない人へ(タップ)

残念ながらネットワークビジネスのイメージを聞くと、日本では『ねずみ講』というイメージがまだ根強く残っているので、いまだにネガティブなイメージを持っている人が多いようです。

ネットワークビジネスは、商品の良さを口コミで伝えて行く宣伝方法なので、無駄な広告料にお金をかけず、その分高品質なものが多く、ビジネスとしても権利収入が得られる魅力的なビジネスです。

 

この人だったら絶対に一緒にやるだろうと思い、熱く伝えたけれども、相手の反応は思いのほか冷ややかでドン引き。

相手によっては「それってねずみ講じゃないの。あなたも騙されてるわよ」

と逆に一喝される事も。

ではなぜ

ネットワークビジネスの魅力が伝わらず、一緒にビジネスをしたいと思った一番の親友を、ネットワークビジネスに誘うと断られるのか?

何度も断られた私はまずこの疑問が出てきました。

 

ネットワークビジネスって本当は友達に伝えてはいけないの?

ネットワークビジネスの基本とも言える勧誘方法の一つである、リストアップ→リストにアポ電、LINEやメールでセミナーに誘う→ABCと言うやり方は正しいのか?

アップの教え通りやってみましたが、結果は・・・

ほとんど断られました。

2年間そんなことを繰り返してダウンはゼロ。

2年間何度も誘っては断られを繰り返す中、「まずは製品を試してみるわ」と、製品を買ってくれた友達が2人だけでした。

この確率はかなり厳しいです。このままネットワークビジネスを続けていって本当に成功なんてできるのか?

と不安に思っていました。

断られるだけならまだ良いですが、その場はなにも言わず、その後共通の友達に

「○○さん何か変なことを始めたみたいだから、あなたにも誘いが来るかもよ。気を付けてね。」

などと言われていたようで、共通の友達の私に対する態度が変わって行ったのを覚えています。

私はネットワークビジネスに挫折して、真剣に辞めてしまおうと思っていました。

ネットワークビジネスを始めた時はあれほど期待に胸ふくらませて、「絶対成功するぞ!」と誓っていたのに、なぜこんなにも確率が低く、嫌われてしまうのか?

私はネットワークビジネスを伝えた友達がなぜ断ったか?を考えてみました。

ネットワークビジネスを断る理由

誰にも声掛けしない勧誘方法とは?(タップ)

ネットワークビジネスを断る理由としては

・いまお金に余裕がない

・忙しくて時間に余裕がない

・人脈がないから伝えられない

・口コミが苦手で自信がない

 

断った友達の理由は様々ですがよくありがちな「断る理由」です。

でも、これらの理由は本心でしょうか?

私は、これらネットワークビジネスを断る理由は本当の理由ではないのでないか?と感じ

本当の理由は大きく分けてこの2つではないか?と考えました。

・そもそもネットワークビジネスが嫌い

・あなたの誘い方が嫌い

・そもそもネットワークビジネスが嫌い 

先にも述べたようにネットワークビジネスにネガティブなイメージを持っている人に伝える場合は、その人のネガティブなイメージを取り除かなくてはなりません。

ネガティブなイメージを取り除くためには相手の価値観を変化させるコミュニケーションやプレゼンテーションを行う必要があります。

これには時間と労力がいります。また、時間と労力を掛けたからといって、必ずよい結果が出るとは限りません。なぜならば、人の価値観はそれぞれで、あなたと同じ感覚の人ばかりではないからです。

・あなたの誘い方が嫌い

日本で活動されているネットワークビジネスの勧誘で

友達に断られる大きな理由の一つがこれあたるのではないでしょうか。

勧誘には法律で定められたルールがあります。

特に大事なことを上げると、

・勧誘する時は、相手に勧誘者の氏名、○○の勧誘をしようとしていることや商品やサービスのビジネスの内容など必ず伝えること。

・実際よりオーバーな(〜に効く、〜が治るなど)表現はしない。

・簡単に稼げる、誰でも成功できる、などオーバーな表現で伝えない(不知行為に当たる可能性があります)

・メリット、デメリットも隠さず真実を伝えること。

・相手が帰りたいと言ったら無理に引き止めて勧誘をしてはいけない。

・勧誘を断られたら再勧誘はしないこと。

などがあります。

 

「相手の都合を考えずに、会う理由をつげず、大げさな表現を使って無理やり 勧誘してはダメですよ。」と言うことです。

そのことを十分頭の中に入れたうえで、先ほど断られた本当の理由を解決する方法ないものでしょうか。

・そもそもネットワークビジネスが嫌い

・あなたの誘い方が嫌い

先にも述べましたが、ネットワークビジネスが嫌いな人、興味のない人を勧誘することは極めて困難です。 また、一度誘って断られた相手を何度も誘うことは、ますます相手に不信感を与え、状況は悪化し、友好関係にヒビが入ります。

では、友達との交友関係に支障なく、ネットワークビジネスを成功させる方法とは・・・

友達をなくさない勧誘方法とは?

誰にも声掛けしない勧誘方法とは?(タップ)

ずばり!!

友達を誘わないことです。

 

友達を誘わないで、誰を誘うのか。

・新しく人と知り合って友達になって、その新しい友達を誘います。

・新しく人と知り合うには、インターネットを使って知り合うとスピーディに出会えます。

いかがですか?

私が最終的にたどり着いた結論はこれです。

私は、ネットワークビジネスを過去2回も挫折しました。過去の2回でリストアップの友達や知人に伝えてしまったので、3回目では伝える相手がほとんどいませんでした、

ですから、3回目のネットワークビジネスの時には最初から新しい人と知り合う事をやってきました。

・あらゆる方法で新しい人と知り合い友達を作ってきました。

・新しい友達を作るためのコツや方法を見つけ出しました。

リアルな新しい友達づくりの活動もやってきましたが、やはり

インターネットを使った新しい友達づくりのほうが圧倒的に

早く、沢山の友達を作る事ができる。

ということがわかりました。

効率がいいと言うのは、基本のシステムを作ればインターネットなら24時間365日休みなく稼働してくれるということです。

ま と め

ネットワークビジネスの勧誘で友達を誘った結果、友達をなくしネットワークビジネスに挫折を感じてしまう。

・ネットワークビジネスに誘った友達が断る理由は本心ではなく、本心を追及すると再度勧誘するのは容易ではない

・ネットワークビジネスで友達に断られないためには、友達を誘わないでインターネットを活用するのが良い。

ネットワークビジネスは仕組みを理解し構築すれば、権利収入を得られる魅力的なビジネスです。

あなたはネットワークビジネスを成功させるために、断られる理由を解決して、交友関係に支障なく、外出不要でパソコンやスマホがあれば人脈がなくてもダウンができる。

という方法があれば知りたいと思いませんか?

交友関係に支障なく、外出不要でパソコンやスマホがあれば人脈がなくてもダウンができるMLM集客法(タップ)